法人口座を作るメリット

会社の資金を管理するための法人口座の開設は、企業としての信頼性や資金の運用に対する透明性など数多くのメリットが得られるのが特徴です。ここからは、法人口座開設におけるメリットについて詳しく紹介していきます。

法人名義のクレジットカードの作成

事業資金を管理する専用の口座、所謂法人口座を所有している企業の中には、専用のクレジットカードを利用している所も多くあります。法人カードとも呼ばれるこのカードには、企業名義だからこそのメリットもたく…

取引先からの信頼性の向上

起業してビジネスを始める際、個人事業主としてスタートする方もいれば会社(法人)を設立する方もいらっしゃるでしょう。社長となる人達は何故法人を作るのか?それは法人設立によって”社会的信用”を得られる…

口座開設をするための銀行選び

一口に口座開設と言っても、都市銀やネットバンクなど利用する銀行によってそれぞれ特徴が異なるため、自分の会社に合った所を選ばなくてはいけません。今回は、口座開設における銀行の特徴について詳しく説明していきます。

都市銀の特徴と利用するメリット

新たに法人口座の開設するにあたって頭を悩ませる人も多いのが銀行選びです。日本の金融機関は都市銀、地方銀行、ネットバンクの3種類に分類されている中で、多くの企業が利用しているのが都市銀になります。メ…

地方銀行ならではの利点

法人口座とは、「法人名義で金融機関に開設した口座」をいいます。法人であっても個人名義口座で取引をすることは可能です。もっとも、法人口座を開設することで、お金の流れが明確に把握できるようになり、資金…

手数料の安さに定評があるネットバンクの魅力

政府の働き方改革が浸透するにつれて、起業、フリーランスを目指す人が次第に増えています。企業も従業員の副業・複業を認めるケースが出てきました。個人が自分の名前でビジネスをする時代が近づいてきました。…

経理業務の簡略化

法人口座が経理業務の大幅簡略化につながる?

経理業務には損益計算書や貸借対照表の作成、決算、資金繰りなどがあります。そして、これらの業務にミスが起きないための基礎になるのが日々の入出金の入力です。この部分を効率化するだけでも大きな簡略化につながります。これらの入力業務の効率を上げる方法としては小口現金出納帳のアプリを利用したり税理士事務所などにアウトソーシングする方法があります。このほかにも、法人クレジットカードや法人IDなどの導入も考えられます。法人クレジットカードやIDカードを利用すると、社員がそれぞれカードを所持して旅費交通費や物品購入費をカード決済します。それらはカード会社で記録されてデータとして残るでしょう。面倒な仮払い業務や精算業務が無くなります。社員も大きなお金を持ち歩く必要がなくなるので、とても便利です。 これらの便利なカード類を利用するには、そのカードを利用した金額を引き落とす口座が必要になります。また法人カードや法人IDカードを作るためには法人としての審査に合格しなければなりません。審査通過の条件が法人の信用です。法人の信用を表すものの一つが法人口座を持っているかどうかなのです。法人口座を持っているということは、銀行がその法人を取引先として信用していることを表します。この信用が法人クレジットカードや法人IDカードを作るのに有利に働きます。

法人口座を開くとあらゆる業務が楽になる

法人口座では日々の入出金は銀行の通帳に記録されます。インターネットバンキングを活用すると、振り込みや振り替えもオフィス内で完了し、しかもデータとして自動的に記録されます。法人口座の入出金は銀行のWEBサイトで日々確認できます。またデータを自社の経理ソフトに取り込むこともできるのです。汎用性の高い経理ソフトを利用してこれらのデータの取り込み作業を効率化してしまえば、資金繰りや経費節減提案などの業務に時間を割くことができます。また法人口座のインターネットバンキングでは、パスワード設定などで権限を明確にでき、日々の状況を毎日確認できるので経理不正防止にもつながるのです。 法人口座を開設するには銀行の審査を受けなければなりません。必要なものは会社の商業登記簿謄本や定款、社印、代表者の印鑑証明書と実印、代表者の実印などとともに決算書類など会社の経営状態を示す資料が必要です。これらのものを揃えれば必ず審査に通過するとは限りませんが、近年は審査が緩い傾向があります。銀行によっては新規法人や起業者に対して前向きなところが少なくありません。社会的に現金の流通が少なくなり、カード決済の方向へ進むにつれて法人口座の需要はますます高まります。経理簡略化に向けて法人口座は無くてはならないものになりつつあります。